今年度も、平成26年度に引き続き、暴風雪時にドライバーの皆様の安全を確保するために、「ふぶき待避所」と称した民間企業の駐車場を暴風雪時の緊急待避所とする実証実験(平成27年12月1日~冬期間)を紋別市で行っています。

ふぶき待避所の場所は、昨年度の2箇所(オホーツクソーテック株式会社(国道238号)、北東開発工業株式会社(国道273号))のほか、紋別市営大山スキー場でも行います。

緊急待避所協力会社の職員が不在でも待避できます。

道路利用者のみなさん、吹雪で視界が悪い等、危険を感じたら「ふぶき待避所」に待避して安全を確保してください!

ふぶき待避所リーフレット【配布】